トップページへ
愛犬への最適の食餌
スターターキットの詳細
完全生食導入のプロセス
カウンセリング&お問い合せ
ニュース&イベント クイールムービー 生ませ育ての母の証言 盲導犬訓練士・多和田悟の連載エッセー 獣医・戸田頑丈先生の連載アドバイス
ラブラドールリトリバー(雄)ヘイホー君 9才 体重45Kg

ヘイホー君 9才 体重45Kg ラブラドールリトリバー(雄)

今回切替えのモニターをしてくれたのは、杉並区にお住まいの三好さんのおうちのヘイホー君。9才 45kgのとても大きなオスのラブラドールリトリバーです。
2才のとき若年性白内障で全盲になってしまいましたが、目が見えないとは思えないほど元気でそしてとても気立ての良い穏やかな性格です。
普段のご飯はドッグフードと週に2日程の手作り食。お野菜や玄米を煮たもののほか、生の馬肉なども食べていました。ドッグフードだけではなくいろいろなものを食べていたということで、完全生食への切替えは難しくはないだろうと思い、3日間で完全生食に切替える予定を立ててみました。

目標体重41kgと、9才という年令を考えて完全生食摂取量を体重の約2%1日800g(1日2食)1食400gと決めました。

1日目 朝 夕
普段のドッグフードの2分の1の量+完全生食200g
2日目 朝 夕
普段のドッグフードの4分の3の量+完全生食300g
3日目 朝 夕
完全生食400g(全量完全生食)

結果:何の問題もなく簡単に切替えることができました。

ヘイホー君の飼い主:三好さんのコメント

ヘイホーはいつも何でも喜んで食べるので、生食だから特に食いつきが良いかどうかは残念ながらわかりませんでした。ただ、家にもう一頭いるシェパードが、ヘイホーのご飯に敏感に反応して欲しがったのが印象的でした。3日間の切替え期間は何一つトラブルがなく順調でした。ウンチの量が切替え期間中だんだんに減ってかさついて、匂いが少なくなったのも興味深かったです。これから自分で手作りしてみようと思います。